お酒好きは肝臓の病気に要注意!!

健康診断の血液検査でわかる 肝機能異常

健康診断などでおこなわれる血液検査。 この血液検査で肝臓から漏れだした物質の種類と量を測定し、肝臓の機能が正常に働いているかが分かります。



健康診断の結果をもらっても、どれが何を示しているのか全くわかりません・・・
基準値がかいてあるので、その範囲内だったら問題ないのかな?という程度でしか見ていませんか??
ちょっと詳しく勉強してみましょう!


【肝機能に関する血液検査値】


ALT(GPT)・AST(GOT)
ALT(GPT)・・・肝細胞内で作られる酵素で、アミノ酸やエネルギーの代謝で重要な役割をしています。
何らかの異常で肝細胞が壊れると血液中に漏れだしこの数値が高いと肝臓の病気が疑われます。
基準値は30 IU/L以下


AST(GOT)・・・ALT(GPT)と同様、肝細胞内で作られる酵素でアミノ酸やエネルギーの代謝で重要な役割を担っています。肝臓以外の臓器でも作られる酵素で、心臓や腎臓などでも作られます。
何らかの異常で肝細胞が壊れ血管にもれだしてきます。
AST(GOT)は他の臓器にも存在する酵素なので基準値より高い数値がでても、どの臓器の異常かわかりません。
ALT(GPT)も同じように高い数値を示していたら肝臓の病気の可能性があります。
基準値は30 IU/L以下


ALT(GPT)がAST(GOT)の数値を上回っている場合は、脂肪肝・慢性肝炎の疑いがあり、AST(GOT)がALT(GPT)の数値を上回る場合は、肝硬変・肝臓がん・アルコール性肝炎・心筋梗塞などの病気が疑われます。


ALT(GPT)・AST(GOT)が100IU/L以下は、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝の可能性。
100IU/L以上の高い数値を示すなら、ウィルス性肝炎の疑いがあります。


y-GTP
肝細胞や胆管細胞・胆汁に存在するタンパク質を分解・合成する酵素。
飲酒や肥満、ある種類の薬などでy-GTPが大量に作られたり、胆汁の流れが悪くなったり胆管細胞が破壊されると、血管に漏れ出し数値が上がります。
基準値は男性50 IU/L以下 女性32 IU/L以下
 

y-GTPの数値が基準値よりも高い場合、100IU/L以下なら禁酒することで正常値に戻ると考えられますが、100IU/L以上を示していたら、脂肪肝が進行している可能性が高いです。


ALP(アルカリホスファターゼ)
肝臓や腎臓など、様々な細胞で作られる酵素で、肝臓では毛細胆管膜や胆汁に存在。乳製品などに含まれるリン酸化合物を分解する働きがあります。


肝障害による胆汁うっ滞(胆汁の流れが悪くなる)が生じると数値が上がります。
血液検査のこの数値で、原発性胆汁性肝硬変を見つける手がかりにもなります!


*骨でも作られているので、成長期の子どもは骨の病気でも数値が上がります。
基準値は100-325 IU/L


総ビリルビン酸
古くなった赤血球が破壊される時に生成される黄色い色素。
血液で肝臓に運ばれ胆汁に捨てられます。
肝障害によって胆汁うっ滞が発生すると血液中の漏れだしたり、過剰に赤血球が破壊されることで数値が上がります。
基準値は0.2-1.2mg/dL


総たんぱく アルブミン
血液中に含まれるタンパク質の総称。
アルブミンは肝細胞のみで生成されるタンパク質で、血液中存在して体液の濃度を調整したり、様々な物質を運ぶ働きをしています。アルブミンは総タンパク質の約67%を占めています。

肝機能が低下すると肝臓のアルブミンを作る能力が低下するので、血液中の数値も下がります。
基準値は総たんぱく:6.7-8.3g/dL アルブミン:3.8-5.3g/dL


血小板
骨で作られる血液の成分で、出血した時に血を止める働きがあります。
肝臓は血小板を作るうえで重要な役割を担っています。

血小板が基準値よりも下がった場合、肝臓の障害の疑いがあります。
肝炎や肝硬変などが原因で、肝臓の線維化が進むと血小板の産生が減少したり、血流が悪くなります。
基準値は14万-34万/μL


LD(LDH) (乳酸脱水素酵素)
肝臓・心臓・腎臓・赤血球など様々な場所で作られる酵素で、糖質をエネルギーに変える働きを持っています。
肝臓が破壊されることで血液中の漏れ、数値が上昇します。


進行したがんや転移性肝がんなどで、上昇することもあります。
基準値は120-240 IU/L


コリンエステラーゼ(ChE)
肝細胞のみで作られる酵素で神経伝達物質の一種を分解する働きをしています。
数値が基準値よりも低い場合、肝臓がコリンエステラーゼを作る能力が低下しています。
肝硬変が進行した場合もこの数値は低下します。

数値が基準値よりも高い場合栄養過多による脂肪肝の疑いがあります。
基準値は男性:234-493 IU/L  女性:200-452 IU/L


HBs抗原・抗体 HBe抗原・抗体
B型肝炎ウィルスの感染・感染の強弱を示す数値です。


HBs抗原(+)・・・B型肝炎ウィルスに現在感染していることを示します
HBs抗体(+)・・・過去にB型肝炎ウィルスにしていたことを示します
HBe抗原(+)・・・B型肝炎ウィルスに感染していて、感染力が強いことを示します
HBe抗体(+)・・・B型肝炎ウィルスに感染していて、感染力が弱いことを示します

基準値は全て陰性(-)


C型肝炎ウィルス抗体
C型肝炎ウィルスの感染状況を示す数値です。
C型肝炎ウィルス抗体が(+)なら、現在感染している・もしくは過去に感染していたことを示します。
また、ALT(GPT)、AST(GOT)が異常値を示す場合、ほとんどがC型肝炎ウィルスに感染しています。
基準値は陰性(-)


肝臓の数値の見方がわかると、肝臓の異常を早期発見できることにつながります!
*ALT(GPT)・AST(GOT)・y-GTPは、メタボリックシンドローム防止のための特定健診項目で、健康保険に加入している40歳以上に義務付けられている必須項目です。


関連記事

静かなる臓器 肝臓 その働きと機能

肝臓の病気と症状

肝臓の働きを助ける タウリン

肝機能の低下はメタボの原因?


←前の記事 静かなる臓器 肝臓 その働きと機能


次の記事 肝臓の病気と症状へ→





おすすめ☆オルニチンサプリ

 

オルニチンの基礎知識

 

スーパー食材 しじみの秘密

 

脱!二日酔い 二日酔い予防で楽しく飲む♪♪

 

お酒好きは肝臓の病気に要注意!!

 

お酒・健康に関するアンケート

 

太陽光発電見積り