脱!二日酔い 二日酔い予防で楽しく飲む♪♪

二日酔いの症状と原因



楽しい飲み会。お酒が好きな人にとって至福の時間です♪♪
でも、ついハメをはずして飲み過ぎてしまうと翌日襲ってくるのがツラい二日酔い・・・


お酒を飲んだ翌日になぜ、様々な身体の不調が出てくるのでしょうか??
二日酔いの原因とメカニズムを検証していきます。


二日酔いの根本的な原因は飲酒です。
飲酒しなければ、二日酔いにはなりません。


お酒やビールなどのアルコール飲料が体内に入ると、胃・腸の壁から吸収され、血液の流れにのって全身を巡ります。
そして肝臓でアルコール脱水素酵素の働きによってアセトアルデヒドに分解されます。
アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸に分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解されて呼気や尿として体外に排出されていきます。


二日酔いの原因で1番多いのは肝臓で分解される時に発生するアセトアルデヒドなんです!!
中間代謝物質であるアセトアルデヒドは毒性が強く、この毒性によって二日酔いの症状が引き起こされているのです。


でも、同じ種類を同じ量だけ飲んでも、二日酔いになる人、ならない人の個人差ってありますよね?
コレは、自分の持っているアルコールの分解能力を超えた量を飲んだ時に起こるのが二日酔い。


すなわち、アルコールに対する強さの違いなんです。
遺伝的な体質や人種によって代謝能力には差があります。


ワタシたち日本人(黄色人種 モンゴロイド)は、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い「低活性型」か全く働かない「不活性型」がほとんど。
なので、お酒に弱く二日酔いになりやすい人やお酒が全く飲めない人がいるのです。


ちなみに、コーカソイド(白色人種)、ネグロイド(黒色人種)は「活性型」が多く、お酒に強く二日酔いにもなりにくい体質のヒトが多いのだそうです。


また、日本のなかでも、東北地方や九州地方は酒豪遺伝子(活性型)が多いと言われます。
お酒の原料となる、お米や芋などの産地ということも関係しているような気がしますね。


いつもはならないのに、今回だけ二日酔いになってしまった・・・そんな経験ありませんか??
いつもより量を飲んでいないのに、二日酔いになってしまうなんてこと。


二日酔いになる根本的な原因は飲酒ですが、それを助長する要因がいくつかあり、当てはまると二日酔いの症状がでてしまうこともあるようです。


その要因とは、
アルコールの利尿作用による頻尿・脱水症状、血管拡張よる炎症、アルコール分解のため肝臓を酷使したことによる低血糖胃酸過多による塩酸分泌、飲酒による酸素欠乏、ウィスキーやブランデーなどに含まれるメタノールなどが挙げられます。


アルコールの分解能力以外にも上記のような要因がかさなることで二日酔いは起きてしまうのです。


二日酔いの症状



二日酔いの主な症状は、頭痛・吐き気・嘔吐・喉の渇き(脱水)・むかつき・倦怠感・食欲不振・下痢・筋肉痛などです。


二日酔いの症状によって、その要因も違います。
要因がわかることで、二日酔いの対処に仕方もかわり症状が緩和されやすくなるでしょう。


頭痛
二日酔いの代表的な症状で、ズキズキとした痛みが特徴的です。
頭痛の原因は、アデノシンやアセトアルデヒド、脱水症状、低血糖、メタノールなどが原因。
血管の拡張によって炎症が起きてズキズキとした頭痛が引き起こされることがあります。アルコールには血管を拡張する作用があるからです。


吐き気・嘔吐
二日酔いのみならず、悪酔い(飲酒後2.3時間に現れる)時にも、吐き気や嘔吐の症状は現れます。

吐き気・嘔吐の1番の原因は、胃酸過多

アルコールによって、胃酸の分泌が促され胃酸が多くなり吐き気をもよおします。
また、アルコール分解時に生じるアセトアルデヒド、アルコール中に含まれるメタノールも吐き気の原因になります。


関連記事

つらい二日酔い・・・簡単解消法☆

お酒に強い?弱い?? アルコール・アセトアルデヒド分解能力の違い

静かなる臓器 肝臓 その働きと機能






おすすめ☆オルニチンサプリ

 

オルニチンの基礎知識

 

スーパー食材 しじみの秘密

 

脱!二日酔い 二日酔い予防で楽しく飲む♪♪

 

お酒好きは肝臓の病気に要注意!!

 

お酒・健康に関するアンケート

 

太陽光発電見積り