脱!二日酔い 二日酔い予防で楽しく飲む♪♪

お酒に飲まれないで? お酒を飲む方法

年末年始や、年度終わり始めは、忘年会・新年会・歓送迎会などでお酒を飲む機会が多くなります。 お酒が好きでない人も、お付き合いで飲むことが多くなるのもこの時期です。



お酒の飲んで酔ってしまうポイントは、その場の雰囲気の飲まれてしまうこと、空腹早飲み一気飲みアルコール度数の高いお酒を飲む、あとは体質です。


飲むお酒の種類や飲み方や食べるおつまみで、お酒に飲まれないで美味しく楽しくお酒を飲む方法を紹介していきます。


☆お酒の種類☆


醸造酒(日本酒・ビール・赤ワイン・白ワインなど)原料を酵母によって発酵させてつくるお酒。
発酵させる段階で複数のアルコールが存在し、アルコール度は低いお酒です。
不純物の入っていない、純粋なもののほうが酔いにくいといいます。
ワインでも、白ワインよりも赤ワインのほうが不純物が多いので酔いやすいそうです。


蒸留酒(焼酎・ウォッカ・ジン・ラム・泡盛)水とアルコールでできているので、アルコール度の高いお酒です。
アルコールの成分、エタノールがお酒を飲んだ時の酔いの成分。
蒸留酒は、このエタノールを濃縮して作られます。


蒸留酒の中でも、ウィスキー・ブランデー・テキーラ・バーボンなど独特の風味をもつ種類には微量のメタノールが含まれています。
このメタノールは、エタノールと比べ体内に長時間とどまり続けます。
アルコール分解はエタノールが優先的に行われて、メタノールはエタノールの分解後から行われるので分解に長い時間かかってしまうのです。


次の日に残りにくいお酒種類で有名なのが焼酎です。
焼酎は蒸留酒の一種で、濃縮することでアルコールがエタノール1種類しか存在しないようになり、二日酔いしにくくなるそうです。


アルコール度が低いビールや日本酒より、アルコール度が圧倒的に高い焼酎のほうが二日酔いしにくいって?なんでだろう??って思いませんか?


二日酔いになるかどうかは、アルコールの分解時間で左右されます。
ビールや日本酒などの醸造酒は、複数のアルコールが存在し、アルコール分解時にそれぞれのアルコールからアセトアルデヒドが発生します。
アセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素が、複数のアルコールを多極分散型で処理するため、アルコール分解に時間がかかります。
一方、焼酎などの蒸留酒はアルコールは1種類。分解対象が1つなので一極集中型で分解されるので、アルコール分解も早まり二日酔いになりにくいとされています。


日本酒やワインなど、熱燗やホットワインなど温めて飲むアルコールもあります。
温かいアルコールは吸収を早め酔いの原因になるといいます。
実際、日本酒を飲むと、冷よりも熱燗のほうが酔いがまわるのが早い気がします・・・


アルコールが吸収されやすい温度は5度から15度。
温度だけでみると、常温から冷のほうが吸収されやすいです。


しかし、温めると湯気が発生し揮発性の高いアルコールは湯気とともに鼻の粘膜からも吸収するので酔いやすくなるんだそうです。
腸壁からの吸収よりも、鼻の粘膜からの吸収のほうがアルコールの酔いを脳へ伝える速度が早い為酔いやすいのです。


以上のことをふまえて考えると、
☆エタノール100%のお酒
☆温めるよりも、常温か冷
☆高い(値段)お酒
*不純物を取り除く工程を多く行うため値段が高くなる=不純物が少ない

酔いにくいお酒の種類と、いうことになります。


☆上手なお酒の飲み方☆

体質(アルコール分解能力)や飲むお酒の種類によって、ある程度酔い方が決まってきます。
酔いにくいお酒を選んでも、二日酔いにならないとも言い切れません。
同じ種類のお酒でも、飲み方を少し変えるだけでも二日酔い対策になります。


焼酎でも、炭酸割はアルコールの吸収速度を早めるので、炭酸割よりも水割り・お茶割りのほうが酔いにくい。


また、チャンポン(お酒の種類を変える)をしないようにするなど、飲み方に気をつけるだけでも、悪酔いも二日酔いはしにくくなります。


たくさんお酒を飲みたいけど、次の日に残らないようにしたい・・・
そんな夢のような飲み方なんてあるわけない!と思います。


実は、お酒を飲みながら水を飲むと酔いにくくなるんだそうですよ☆
お酒と同量の水、1:1が理想的☆

水を一緒に飲むことで利尿作用が働き、体内のアルコールを薄め分解を早めてくれます。
また、ビールに氷を入れると冷たくてのみやすくなると同時に、水も一緒にとれるので一石二鳥な飲み方です☆


☆おつまみ☆



おつまみは低カロリー・高タンパク・ビタミン・ミネラルが多いものがオススメです。
お酒だけでなく、食べながら飲むことも酔いにくいポイントです。


☆悪酔い・二日酔いしにくい居酒屋メニュー☆

枝豆の塩ゆで・・・ビタミンCが豊富でアセトアルデヒドの分解を促進する効果があります


揚げ出し豆腐・冷奴・・・豆腐の原料 大豆は良質なタンパク質。アルコールの分解能力を高めます。


焼き鳥・・・鶏肉のタンパク質には、必須アミノ酸メテオニンが含まれ酔いの解消に役立ちます


グラタン・ピザ・・・チーズのタンパク質は肝臓の働きを活性化させ、アセトアルデヒドの分解を促します


大根サラダ・大根おろし・・・大根に含まれるアミラーゼ(デンプン分解酵素)が酔いの解消に有効


あさりの酒蒸し・あさりバター・・・あさりに含まれるタウリンが胆汁の分泌を促し肝機能を高める。*あさり同様に、同じ二枚貝のしじみも効果があります


もずく・納豆・・・ネバネバ系の食べ物は、粘り成分ムチンが腸や胃の粘膜を保護してくれます。


おつまみの定番、枝豆や焼き鳥はお酒を飲みながら食べるのに合うだけでなく、二日酔いを防止するためのちゃんとした理由があるんですね。
枝豆と焼き鳥で一杯飲みたくなってきちゃいます(笑)


お酒に飲まれないで飲むには、酔いにくいお酒の種類・飲み方・お酒の分解を助けるおつまみが重要なんですね!!


忘年会・新年会シーズンもそろそろ到来します。
お酒に弱いヒトは、この方法を参考にしてみてください。


関連記事

二日酔いの症状と原因

お酒に弱くても大丈夫!! 二日酔い対策

飲み過ぎ・弱った肝臓にしじみパワー


←前の記事 お酒に弱くても大丈夫!! 二日酔い対策






おすすめ☆オルニチンサプリ

 

オルニチンの基礎知識

 

スーパー食材 しじみの秘密

 

脱!二日酔い 二日酔い予防で楽しく飲む♪♪

 

お酒好きは肝臓の病気に要注意!!

 

お酒・健康に関するアンケート

 

太陽光発電見積り